札幌時計台のとなりでオニオンスープはいかが? - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ

札幌時計台のとなりで
オニオンスープはいかが?

オニオニ・オニオンスープ
アンテナカフェ@札幌

この度、オニオニのコンソメスープをその場で味わえたり、テイクアウトも楽しめるスポットが生まれました。
場所は、あの有名な札幌時計台の真横にある札幌商工会議所の1階にある「北のブランド」アンテナショップです。

お店ではオニオのスープカップで。テイクアウトではオニオのスリーブ付きのカップでお楽しみください。

そして実は、札幌時計台とさらさらゴールドには、実は深~いつながりがありまして、、詳しくは下記コラムを読んでみてください。
札幌時計台の近くをお寄りの際は、この札幌時計台とタマネギの歴史に思いを馳せて、さらさらゴールドを使ったオニオンスープをぜひお楽しみください。

「北のブランド」アンテナショップ
札幌市中央区北1 条西2 丁目経済センタービル1 階
TEL:011-281-3855
営業時間:9:30 ~ 18:00(※土日は定休日となります)
http://www.sapporo-cci.or.jp/north-brand/shop.html

札幌時計台と

タマネギのつながり


札幌時計台は、北海道大学の前身である札幌農学校(1876 年設立)の演武場として、初代教頭のウィリアム・S・クラーク博士(マサチューセッツ農科大学学長)の構想に基づき1878 年に建設されました。農学校の学生の兵式訓練や体育授業、そして入学式・卒業式等を行う中央講堂として使われていた建物です。札幌農学校の一期生の佐藤昌介(北海道帝国大学初代総長)、二期生の内村鑑三(思想家)や新渡戸稲造(教育者)の卒業式にも使用されました。


1878 年、札幌農学校のクラーク博士の後任として着任したウィリアム・P・ブルックス博士は、タマネギの栽培技術を、札幌にもたらしました。ブルックス博士は、米国マサチューセッツ州の「イエロー・グローブ・ダンバース」という種子を持参し、「札幌黄」とネーミングしたタマネギを栽培指導しました。


ONIONI のさらさらゴールドは、その北海道大学卒業の農学博士である岡本大作氏(植物育種研究所所長)が、10 数年の国内外での研究生活を通じて、タマネギのファイトケミカルであるケルセチン成分を品種改良によって高めたスーパーオニオンなのです。

  • SHARE
札幌時計台のとなりでオニオンスープはいかが? - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ
札幌時計台のとなりでオニオンスープはいかが? - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ
札幌時計台のとなりでオニオンスープはいかが? - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ
札幌時計台のとなりでオニオンスープはいかが? - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ

関連するページ

  • 美と健康を体感する1日オニオニ・スープラボ - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ

    onion

    美と健康を体感する1日
    オニオニ・スープラボ

  • 北海道・栗山産の赤タマネギ - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ

    onion

    北海道・栗山産の
    赤タマネギ

  • スープやいろいろな料理にゴールドオニオン・コンソメ - ONIONI | おいしさ からだに オニオニ

    onion

    スープやいろいろな料理に
    ゴールドオニオン・コンソメ